photo by Y.Tamura

京都市に生まれる
立命館大学を卒業後、美術印刷便利堂写真部を経て独立
観光出版山口青旭堂嘱託カメラマンとして全国を撮影
現在までに55か国を取材し各メディアに発表

日本写真家協会会員
京都観光おもてなし大使

教室   NHK文化センターや京都新聞文化センターほか
出版   「京艶」(淡交社)「風の雅」(京都新聞社)
      「小町」(大本山随心院)など
個展   京都・大阪・東京で15回開催
講演   堂本印象美術館 立命館大学 JR東海のイベント
      ロータリー ライオンズ ワイズメンズなど多数
テレビ出演 
      関西テレビ 女優 牧瀬里穂と嵯峨野案内
        同   「京都ちゃちゃちゃ」で一年間レギュラー生出演
      NHKハイビジョン「京都ノ家訓」でスチール担当   
      毎日テレビ 「知っとこ」
      読売テレビ 「す・またん」   
      BS-TBS  高島礼子の「日本の古都」でスチール担当 
ラジオ出演
      KBS京都に数回生出演 羽川英樹氏に「しゃべる写真家」と呼ばれる


1971年 立命館大学法学部卒業後、美術印刷便利堂写真部を経てフリー
1973年 美術出版山口青旭堂の契約カメラマンとして日本の風景を撮影
「日本の風景・京都」(日本カメラ社)に「京の橋」を発表
1976年

カナダ・アメリカ大陸を長期取材

以後、現在までに55ヶ国を100回以上に渡り取材し作品をポスターやカレンダーなど多方面のメディアに発表

1977年 写真集「京の四季」(毎日新聞社・共著)
二科展入選
1978年 (社団法人)日本写真家協会会員となる
関西二科賞受賞
写真集「続・京の四季」(毎日新聞社・共著)
1979年 写真集「大和路の四季」(毎日新聞社・共著)
1987年 株式会社フリージュを設立し、代表取締役に就任
1996年 「日本カメラ」新年号に「幻想の滝」を発表
「旅行作家がすすめる好きな宿」(日地出版・共著)
1997年 NHK京都文化センター講師となる
京都市営地下鉄開通記念「宝ヶ池の四季」展を指導・開催COP 3 会議協賛「自然賛歌」展を指導・開催
第6回京都現代写真作家展において大賞を受賞
1998年

チャリティー写真展「京艶」をグランドプリンスホテル京都にて開催
収益金の一部を公共団体に寄付(協力・グランドプリンスホテル京都)

1999年 NHK京都放送局視聴者会議委員に委嘱される
2000年 個展「京艶 弐」を祇園ぎゃらりー西利にて開催
同アンコール展をホテル京阪京都にて開催
2001年 第31回京都写真芸術展で「舞姫」が協会賞を受賞
第8回京都現代写真作家展で準大賞を受賞
2002年 個展「京・雅」を滋賀県愛知川駅ギャラリーにて開催
個展「Bonjour!」をA-BOXギャラリーにて開催
個展「京艶 参」を京都文化博物館にて開催(関西TVにて紹介される)
作品集「京艶」を淡交社より刊行
2003年 個展「 京艶 」を東京・銀座 コンタックスサロンにて開催
「京都うたものがたり」(文・水原紫苑 写真・北奥耕一郎)がウェッジより刊行される
2004年 個展「写真絵巻・京艶」を京都コンタックスサロンにて開催
NHKハイビジョン「京都ノ家訓」でタイトル写真を担当
文化庁芸術家在外研修員として米国のカーメル写真芸術センターへ派遣される
2005年 研修報告展 「大地 California poetry」 を開催(京都文化博物館 および 東京オリンパスギャラリーにて)
作品がアサヒカメラ5月号に掲載される
カーメル国際写真展に日本人としてただ一人入賞
京都新聞に 「レンズ越しの風景」 を連載(以後3年間)
2006年 個展「世界の街から」(ホテルデュー大山崎)
京都市観光大使に任命される

関西テレビ(京都チャンネル)「京都!ちゃちゃちゃっ」にレギュラー出演

2007年 個展「京艶 灯り」(京都・嵐山 あーとすぺーす)

リクルート刊「ゼクシィ」年間グランプリ受賞 

2008年 写真集「風の雅」出版(京都新聞出版センター)
個展「風の雅」開催(京都・東京・大阪)
2009年 月刊「茶の間」の巻頭で「京のかたち」の連載を開始
写真集「小町」出版(大本山 随心院)
2010年
京都府立文化芸術会館開館40周年「京都こころの百景」展 審査並びに賛助出展
第1回日英アートアワード 写真部門 審査員賞受賞
2011年
国民文化祭・京都2011開催記念企画展「目で見る京都の今昔」に出展
2012年  第61回 象(かたち)同人展に出品(以後毎年出展)
2016年  北奥全教室展(150人が出展)と個展を同時開催 (京都文化博物館5階全室)
2017年  VISA誌7月号で京都案内